仮想通貨関連用語集

随時 用語+画像等追加いたします。  

ビットコイン:円やドル以上に利便性が高く、安定し、世界中で利用できる次世代の通貨をめざして作られた仮想通貨。

アルトコイン:アルトコイン(または、オルトコイン)とは、alternative coinの略(=altcoin)で、直訳で「(Bitcoinの)代わりとなるコイン」という意味。

 

あるとコイン.gif 図はイメージです

 

ビットコイン2.0:Bitcoin の元であるブロックチェーンの技術を利用した、ビットコイン以外の技術、サービスを指すことが多い

NEM:ニュー・エコノミー・ムーブメント。通貨としてだけでなく、金銭的な自由、分散化、平等、および連帯感の原則に基づき、新しい経済を作る運動と位置づけられている。

Mijin:NEMのプライベートチェーン版。つまり非公開であり、企業内ブロックチェーンとなる。使用する顧客の目的に合わせてカスタマイズ可能。また機能の追加もしやすい仕様。非常に低い運用コストと高い性能で、注目を集めている。

 

mijin.gif 

NEMのプライベート版「mijin」へのリンク

 

ウォレット:仮想通貨を保管する財布。

デスクトップウォレット:自分のローカル・コンピュータで秘密鍵を保管。ネットワークにつながっているためハッキング等のリスクがある。

オンラインウォレット:クラウド上に仮想通貨をアップして管理を委ねるというサービス。ウォレットを運営する第三機関への信頼性が問題視されている。

ペーパーウォレット:紙にメモしておくなど、ネットワークから遮断された状態で秘密鍵を保管。

 

マイニング:ビットコインでは「採掘」と呼ばれる。NEMは「収穫」ビットコインは専用ソフト「Bitcoin miner」を使い採掘出来るシステムとなっており、採掘をする人のマシンパワーによって維持されている。(その見返りとしてビットコインが与えられる)

 

採掘:ビットコインにおけるマイニング。

収穫:NEMにおけるマイニング。

 

ブロック:取引データのひとつの塊。1ブロックで数百のトランザクションを含む。

トランザクション:取引。

 

秘密鍵:プライベートキー。秘密鍵とは、公開鍵暗号方式で使用される一対の鍵の組のうち、一般に公開されない鍵。

公開鍵:パブリックキー。公開鍵暗号方式で使用される一対の鍵の組のうち、一般に公開されるほうの鍵。公開鍵で暗号化されたデータは秘密鍵でしか復号できないため、公開鍵は他人に知られてもセキュリティレベルが低下しない。

 

ブロックチェーン:第三者機関を通さずに皆が監視、承認しあう分散型で壊すことができないネットワークを作る技術。

anime01.gif

従来までの中央集権システム

 

anime02.gif

ブロックチェーンイメージ

 

※すべてのコンピュータをハッキングやウイルスから守られるのではなく、あくまで取引の承認が守られるイメージです。また、ハッカーがすぐ警察に捕まるとは限りません。

 

許可制ブロックチェーン:ひとつの取引に決められた認証者の承認が必要なブロックチェーン。

パブリックブロックチェーン:全世界誰でも利用可能な公開型ブロックチェーン。

コンソーシアムブロックチェーン:参加者が決められていて、取引がその参加者たちによって合意と承認されるブロックチェーン。

プライベートブロックチェーン:認証者が1社のみ、取引は企業内で自己承認される。

 

中本哲史:ビットコインプロトコルを考案したとされる人物。これが本名であるのか、国籍や年齢などすべて不明。

nakamoto.gif中本哲史氏の想像図