XEM中国区の責任者の単独インタビュー概要

tokei00.gif 2016-07-01



lgf01a201501090800.jpg

 

2016年5月27日付けで中国の仮想暗号通貨総合情報サイト兼・交換所「比特时代」に「[XEM]专访日本区块链领军新秀:XEM中国区负责人」というタイトルでXEM中国区責任者のインタビューが掲載されました

20160527.jpg

 

http://www.btc38.com/altcoin/xem/10382.html

 

タイトルは[XEM]日本ブロックチェーンを統率するルーキー:XEM中国区の責任者を単独インタビュー」となっています。

インタビューを受けているのはNEM中国語コミュニティの「連絡係」と呼ばれるRonel氏です。Ronel氏はNEM上場の一年前からNEMのメンバーであり、NEM中国語コミュニティ・NEMのコア団体・コア開発団体・国際コミュニティとの交流が深いことから「連絡係」の役割を請け負っておられるようです。

以下にインタビューの概要をまとめました。

NEM-e1435226195523.png
NEM New Economy Movementの名前の由来について~
NEMが作り出された時、均一貢献というモデルを使い、参加した貢献者(1500のアカウント)には同じ価値のNEMが均一に配られた。
配る過程の中で、アカウントを一つ一つチェックし、公平性、公正性、公開性を最大限に重視した。
名前を決定する投票の中で、多くのメンバーが自発的に「新経済」という名前を選び、中国の伝統から「新経済」の後ろに「通貨(幣)」もつけ、NEMを「新経済通貨(新経幣)」と呼ぶようになった。

NEM中国語コミュニティはどうやって生まれたか、また運営状況について~
NEMの中国QQ(中国のSNS)グループは、NEMが発表されるずっと前から存在していた。数多くの所持者が創世通貨を受領するのを手伝い、自発的にNEM中国語コミュニティを作り、NEMに中国語の名前をつけ、NEMが当時の中国の二大取引所で通貨を発表する準備を進めた。


現在のNEM中国語コミュニティには25人のアクティブメンバーによって結成されたNEM中国語チームがあり、英語翻訳、日本語翻訳、講師、作家、秘書長、監督、顧問など、仮想の職位を作り、それぞれの仕事に分けて協力し、新経済運動の経済圏理念や、その成果をより多くの人たちと分かち合おうとしている。
chinese-most-popular-messanger-called-QQ.png
(以前日本の一部のマニアに話題となった)NEMPoloシャツは、中国国内で販売され、韓国やフィンランドでも発売され、国内外の同好に愛され、あっという間に売り切れとなったそうです。
 
polo.jpg
NEMの海外コミュニティはどこで活躍しているのか~
国際コミュニティは主にTelegram(中国のLINE的SNS)で活動し、その中にはNEM事務チーム、生活チーム、コアチーム、福祉チーム、技術チーム、設計チーム、市場チームなどの仮想組織がある。

NEM国際コミュニティは一つの国、一つの地域に限られてはいなく、24時間アクティブなコミュニティである。みんなお互いの情報を交換し、NEMの発展を手伝っている。

NEMの海外グループ、事務チームのメンバー147人が、三ヶ月内に1734枚の写真と4744個のリンクを共有するなど、その活動は活発だ。
6d10be81.jpg

最近、NEMのいいニュースが次々と入ってきたが、NEM中国語コミュニティでの成果について~
中国の優質なクラウドコンピューティング資源を利用し、NEMの数多いユーザー群のための公共ノードネットワークを作り出した。その第一歩として、半年前、NEMは公式に香港ノードを設立した。その翌日に、香港の隣の深センで中国最初の公共ノードを設立し、試験的に提供を始めた。

gatag-00002054.jpg

NEMのユーザーが増えると同時に、NEMサービスの質を向上させることは、中国語コミュニティの科学技術スタッフの共同目標である。NEM中国語コミュニティの年度予算を使って、上海、北京にクラウドノードを配置し、スマートサービスという形で、public.nemchina.comサイトから、自動的にユーザーのために一番近いノードを選択し、最良のサービスを提供する。

次世代コアの『Catapult』の導入後、公共ノードは現在の数倍のユーザーをサポートすることが可能となり、中国東区(上海)、西区(シルクロード)、南区(深セン)、北区(北京)をすべてカバー出来るようになる。
20160520233232.png
node.jpg
中国でNEMのスーパーノード数が急増している。左が6月27日、右が7月1日のスーパーノード数。


NEM中国語コミュニティには、nemchina.comがあるが、このサイトはどのように作られたのか?
Rafe氏と呼ばれるメンバーが中国圏サイトを新しく設計し、誰もが見て驚くNEM中国語コミュニティサイトを構築した。直ちに実名認証と登録を済ませ、NEMホームページ(NEM図文網)と正式に名づけた。
nemchina.jpg
nemchina.com

最後に聞き手が、こんなに強い『脱コア』組織は本当に新しい。『脱コア』コミュニティの活力をこれからも維持し続けて、よりよいコミュニティ、よりよい新経済を見せてほしいとエールを送ると、

Ronel氏は名前を挙げていない貢献者たちへの感謝と、新しい経済は、あなたの力で始まります!という力強いメッセージでインタビューを締めくくっています。


dragon.jpg